仮想通貨情報局

イーサリアム(Ethereum)の解説

イーサリアム(Ethereum)は仮想通貨の中でも最も利用価値が高いとされています。今では有名になった、ビットコイン以上に将来への可能性を秘めた仮想通貨になります。

イーサリアムのサービス

イーサリアム(Ethereum)は通貨としての機能だけでなく不動産の売買や譲渡や相続や納税までできるのでビットコイン以上の能力を持つ通貨です。また投資としても2017年になって非常に強い高騰となったため夏に入って調整が入ったほどです。またトップに君臨していたビットコインを分裂に追い込んだ要因とされています。またこの系列のICO「Status(ステータス)」が始まって注目度が強すぎてシステムが耐えられずに送金エラーが続出しました。今後の動きが期待される可能性があるサービスです。

日本におけるイーサリアム

国内でこの通貨を取り扱う取引所はごく少数です。
その多くがビットコインの名を冠しています。
また取り扱いもビットコインから行うところと日本円でも取引ができるところと分かれていたりどちらも行える場合とあります。取り扱いには販売と取引の2パターンがあり投資として利用する場合は取引所にする方がやりやすいとされています。ただ出金が無料のところと有料のところがあります。ちなみに販売所の場合は現在何処も出金が無料です。

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)との違い

イーサリアムクラシック(ETC)はイーサリアム(ETH)から派生した仮想通貨です。これは50億円近くのイーサリアム(ETH)がハッキングされる事件により一部の技術者が反対し新しいプロジェクトとして作られたものです。よって技術者や資金面での違いがありますがベースは同じような特徴を持つ仕組みになっています。このバージョンはイーサリアム関連の何かしらのニュースから影響を受けやすい傾向にあります。具体的には買い手が多くなったりどちらとも価値が下落してしまうといったことが起こります。

今後のイーサリアムの可能性

ICOはイーサリアムを利用しています。そしてICOはまだまだ熱狂の傾向にあります。これが継続している間は価格は上昇になるとされています。それが冷めたら価格が急落する恐れがあるのでICO関連のニュースはチェックが必要とされます。これからの見通しとしてはビットコインの状況次第でイーサリアムの価格がビットコインの価格を抜く事も十分ありえるとされます。「POS」へ移行する事が決まっているので、これの移行にトラブルがあれば下落も予想されるところです。しかし技術は優れているので長期投資としてであれば見通しは良い傾向です。