仮想通貨情報局

イーサリアム(ETH)を取り扱っている取引所まとめ

イーサリアム(Ethereum)は取引市場を拡大して注目を集めている仮想通貨です。
最近では日本国内でも売買できる取引所が複数オープンしました。

ネットワークで通貨の価値を保証する

通常の貨幣は国が銀行を通じて発行や価値の保証を受け持っています。今流行している電子マネーも企業がその役割を果たしています。イーサリアム(Ethereum)の場合は代表的な特定のサーバーによって管理されているのではなくコンピューターをつなぐネットワーク全体で分散的にその役割を担います。ですので特定のサーバーをのっとってもイーサリアムの流通を支配できません。むしろ逆にそのサーバーをはじき出して安全を確保するといったことが行われます。

仲介料が安く個人情報も必要ない

クレジットカードが普及してずいぶん経ちますが、手数料と個人情報の入力が大きな壁となっていました。少額の取引では手数料の方が高くなるといったケースも多く、また本人確認のためにいちいち個人情報を入力するのは手間でした。イーサリアムではクレジットカードと比較して手数料が安く、また個人情報の入力も必要ないことから、おすすめの決済方法となります。その利便性から経済全体の循環を加速させ、市場全体が活性化することが期待されています。

イーサリアムは指定された取引所で購入

仮想通貨を購入する場合はその通貨のアカウントを取得し、指定された取引所に現実のお金を振り込みます。購入した通貨はネットワーク上で管理され、その中で様々な取引に使用することができます。今は投機目的の取引が中心ですが、オンラインショップでの決済に使用できたり、また店頭でもイーサリアムで支払いができるようになっているところもあります。これから日本でもショッピングだけではなく多くのサービスに導入が期待されています。

将来的にはもっと市場が拡大する

現在仮想通貨は大小合わせて様々なものが出現しています。現実の銀行や証券会社などのシステムとは根本的に違う概念で取引が行われるため、完全に新しい市場となっていて拡大の一途をたどっています。その利便性からさらに発展していくことが予想されますが、現行の法律では規定がないため犯罪が起こった場合に取り締まることができません。これからも発展をしていくうえで法の整備は絶対に必要なので、早急の対策が必要となります。